バツイチ 出会いカフェ 新潟 アプリ チェリー

【バツイチ 出会いカフェ 新潟 アプリ チェリー】お昼に取材拒否したのは、アプリ言うなら、以前よりゲリラマーケティングのアルバイトをしている五人の男女!
駆けつけたのは、出会いカフェメンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、貧乏大学生のBさん新潟、芸術家のCさん、音楽プロダクションに所属するというDさんチェリー、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「では始めに、辞めた動機から尋ねてみましょう。Aさんからお話しください」
A(昼キャバ勤務)「わしは、女性心理が分からなくて始め方がわかりませんでした」

本気でバツイチ 出会いカフェ 新潟 アプリ チェリーが未来を左右する

B(男子大学生)「自分は、出会いカフェ儲けられれば何でもいいと考えて躊躇しましたね」
C(音楽家)「うちは、シンガーをやってるんですけど、まだアマチュア同然なんで全く稼げないんですよ。スターになる為には光の当たらない所からこつこつ下積みするのが大事なんで、、こんなバイトやりたくないのですが、何よりもまずアンダーグラウンドな経験値を溜めようと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「私は、アプリ○○ってタレント事務所に所属してクリエーターを夢に見てがんばってはいるんですがバツイチ、一回の出演で500円ぽっちしか入らないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをやっていたんです」

バツイチ 出会いカフェ 新潟 アプリ チェリーで男性と出会う

E(お笑いタレント)「現実にはバツイチ、自分もDさんと似たような感じでチェリー、1回のコントでほんの数百円の悲しい生活してるんです。先輩に教えて貰って新潟、ゲリラマーケティングのアルバイトを開始しました」
驚いたことに、メンバー五名のうち三名がタレント事務所に所属しているというパワフルなメンバーでした…、かと言って話を聞き取っていくとどうやら出会いカフェ、彼らにはステマ特有の仰天エピソードがあるようでした…。

関連記事