夫婦 出会い 日本橋 パブ 外国人

【夫婦 出会い 日本橋 パブ 外国人】この時は、出会い系サイトの割と親しんでいるという五人の女(三十代四人、十代一人)たちに取材を行いました。
今日来てくれたのは、既婚者Aに、外国人3人と付き合っているギャルB、パブキャバ嬢として稼ぐD日本橋、5人目は夫婦、国立大学に在籍しているE。銀座にある反射療法のリフレクソロジーサロンの応接係C、日本橋
なぜ1人だけ十代かというと、三十代の女性だけに取材を行いたかったんですが、ドタキャンのため、機転を利かせて駅前で「出会い系サイトに関するインタビューに協力してもらえないか」と何十人かの女性を当たってみてパブ、ナンパまがいの呼び込みにも二つ返事で了承してくれた、外国人十代のEさんを含む五人としました。
開口一番、出会い筆者の挨拶よりも先に話し出したのは夫婦、3人の男を手玉に取るBさん。

上手な夫婦 出会い 日本橋 パブ 外国人と出会えるイベント

三十代のギャルB「出会い系サイトなんですけど、「皆どういう経緯でログインするんですか?私は貢いでほしくて今は三人から援助してもらってます」
しゃあしゃあとおしゃべりが止まらないBさんに、あとの女性も踏ん切りがつかないながらも自分の体験談を語り始めました。
A(夫がいる)「私に関しては、ただ単に旦那以外の人に抱かれたいと思ったのが使いだしたんですよ。友達が知ったら誰にも言えませんが会ったばかりでもホテルに行っちゃいますね。」
B「ちょっとでもアクセスしたらすっかり頼っちゃいますよね」

夫婦 出会い 日本橋 パブ 外国人が丁度良い

筆者「ATM探して出会い系を始める女性ばっかり?」
B「それ以外に会いませんよね」
Bさんの後に、ナイトワークをしているDさんが悪気もなく、出会い男性の自信をなくすようなことを言いました。

関連記事